ご予約はこちら
 
基本性能
 

山忠の基本性能

Basic Performance

安心・安全な家づくり。

地元での長年にわたる実績のもと、確かな信頼をお約束いたします。
気候・風土に適し、通気・保湿など居住性に優れた住まいを実現。
地域に密着した家づくりを創造します。

長期優良住宅対応可能
高気密・高断熱・高耐震使用
対応可能

耐震性能

image

構造耐力壁
耐震等級3相当
パーティクルボード(ノボパン)

地震などの強い力を分散してくれる面材工法。 耐水性にも優れ、断熱材を隙間なく施工できる優れた構造用耐力面材です。

制震

image

ミューダム®

※オプション対応製品(別途費用がかかります)

ミューダム®は世界初の「金属流動」を利用した、繰り返しの地震に強い制震ダンパーです。
地震時にミューダム®が伸び縮みして金属流動し、地震エネルギーを熱エネルギーに変換し、揺れを減らします。
「金属流動」とは、特殊な組み合わせ(アルミと鋼材)の金属を使用し、強く面圧を保持したまま滑らそうとすると、両者の接触面同士が焼き付いて、金属結合により完全接着されます。
それでも無理矢理滑らそうとすると、アルミ自身の層で流動します。
これを「金属流動」と呼んでいます。

高減衰ゴムや、オイルを使用した、通常の制震装置と比べ「金属流動」を利用することで気温や揺れの速度の変化に影響されず、非常に安定した性能を発揮します。
また、金属流動部の摩耗もごくわずかのため、繰り返しの地震に対しても性能を発揮します。
そのため、長周期地震・短周期地震のどちらにも対応できることが強みとなります。

more

断熱性能

image

断熱材 吹き付け断熱

断熱材を霧状に吹き付けて発泡体を作り、家の断熱性を高める工法。
どんな形状や厚みでも細部に隙間なく密着し、気密性を確保。また内部結露が起こりにくい点も大きなメリットです。

特徴①
省エネで経済的なお家

image

高気密に優れた断熱は、エアコンの効きの速さで実感していただけます。
また、高断熱化により、夜中にエアコンのタイマーが切れた後の急激な温度上昇もなく、心地良い空間を演出。少ない冷暖房費で省エネルギー住宅を実現し、環境にやさしく、家計にやさしいを住まいといえます。

特徴②
中も外も静かなお家

image

吹き付け断熱の優れた気密性は、隙間から入り込んでくる外部の騒音や、気になる内部の生活音の漏れをシャットアウト。
フォームが構造材に接着することで、共振や反響も和らげます。さらに、その連続気泡構造は音をフォーム内に分散し、静かな生活環境を維持してくれます。

特徴③
健康で安心のお家

image

吹き付け断熱は細かな隙間にも入り込み発泡、密着するので、断熱の欠損がなく温度差をなくすことで結露を防ぎアレルギーの一因とされるダニ・カビや、家を破壊してしまうシロアリを予防します。吹き付け断熱の家の高度な断熱・気密化は結露を防止し、建物そのものの耐久性を向上する上に、その連続気泡構造は木の呼吸を止めることがなく、人にとっても構造材にとっても優しい断熱材といえます。

image

Low-E 複層ガラス
(アルゴンガス入)サーモスⅡ-H

次世代エネルギー基準に適合。遮熱と断熱の機能を発揮するLow-Eペアガラスを採用。
また熱伝導率の低いアルミ樹脂複合サッシで室内を1年中快適な温度に保ちます。

気密性能

image

全棟気密測定実施

外部による第三者検査を実施し、厳しくチェック。
しっかり施工できているのか基準値以上の気密を保っているのかを全棟気密検査を実施している安心の住まい。

基礎

image

床下換気基礎
パッキン工法

床下と土台の防湿を全周換気で効果アップ。
基礎パッキンによる床下全周換気は今までの1.2~1.5倍の換気性能を発揮します。

image

防湿コンクリート
ベタ基礎を採用

住まいの天敵と言える、地面からの湿気やシロアリを防ぎ住まいを長持ちさせます。

工法

image

木造軸組み工法

在来工法とも呼ばれ、柱・梁・筋違を組み合わせた丈夫なつくりで、増改築もしやすいうえに、気候風土に最も適した工法です。

構造

image

木造プレカット構造材

耐久性に優れた家を作るには構造躯体に使われている部材自体の耐久性を高める必要があります。
常に均一な品質をもつプレカット構造材を使用して耐久性を確保していきます。

換気設備

image

24時間換気システム
第三種換気 ルフロ®400

省エネ・安定・メンテナンス性にこだわるルフロ®400。
湿気・花粉・生活臭・ペット臭も除去。浴槽換気でカビを抑制します。

「ルフロ400」の特徴は、「初期費用」と「維持費用」共に他の製品に比べ大幅に安くご提供できる点にあります。
長期で使う換気システムは、ライフサイクルコストで比較する必要があります。
換気システムのライフサイクルコストとは、イニシャルコスト(初期費用)とランニングコスト(維持費用)を合わせたものをいいます。
換気システムを選ぶ際、初期費用や電気代などに目が行きやすいですが、実は使い続ける上でフィルター交換費や経年劣化によるファン本体の交換代なども考えなくてはなりません。

安心・安全な家づくり。

メンテナンスは年1回で、作業も簡単。
目の細かいフィルタータイプの熱交換式に比べて第3種ダクト式は換気量が落ちにくく、ルフロは年1回の簡単なお手入れで、無理なく換気量を維持できます。

※ご要望に応じてオプションで、第1種換気フルダクト式の熱交換換気システム、エコエア90にすることも可能です。
(別途費用がかかります)

耐火

image

省令準耐火構造

構造材を不燃材で覆うことにより燃え広がりにくいお家の構造に。従来の木造住宅に比べ、火災保険が約1/2となります。鉄骨住宅と同じ火災保険料で加入することができます。

ZEH(ゼッチ)

image

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

近年、地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっており、日本国内においても一般住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとして位置付けられるようになりました。

そこで、これまで取り組んできた「省エネ」だけではなく、「創エネルギー」を導入し、「自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多い家」=ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の暮らしに注目が集まっています。

ZEHの家ってどんな家!?

断熱性能省エネ対策創エネ設備

断熱性能

image

断熱性能を向上させることで、無駄なエネルギー消費を抑える家を建てることがポイントです!

省エネ対策

image

家庭で消費する電力量を減らす必要があります。
HEMS、省エネ性の高い設備を取り付けることがポイントです!

創エネ設備

image

家庭で消費するエネルギーよりも多くのエネルギーを自宅で創ることが大切になります。
太陽光発電など で発電量を増やしていきます。

+蓄電システム

image

太陽光などは夜間に発電することが出来ません。そこで、日中に発電した電気を貯めることのできる蓄電池を利用することで、さらに効率の良いゼロエネルギー住宅が出来上がります。最近では、蓄電システムの価格も下がってきました!

ネットゼロの実現

image

断熱性能を向上させ、省エネ対策をしっかり行うことで、「創エネ」そのものを少なくすることが可能になります!

ハウジング山忠のZEH ロードマップ

2025年にZEH75%を目標にしています!

ロードマップ
image

0120-927-576

受付時間/10:00~17:00 定休日/水曜日

来店予約
資料請求
お問い合わせ